メンバーの言葉の化石

言葉は文字にした瞬間から過去のもの「化石」となります。化石は何年、何十年もの時を経て、その時代に生きる者たちに「勇気」や「希望」、そして「感動」を伝えることができます。 我々も、今、感じていることを「化石」として、10年後、20年後のあなたに残したい。

大工になりたかった僕が小説「コーヒーが冷めないうちに」を書くことができたのは、子供の頃に初めて買った週刊少年ジャンプとの出会いにあった。

大工になりたかった僕が小説「コーヒーが冷めないうちに」を書くことができたのは、子供の頃に初めて買った週刊少年ジャンプとの出会いにあった。

こんにちわ。 「コーヒーが冷めないうちに」著者の川口俊和です。 早いもので小説「コーヒーが冷めないうちに」が2015年12月に刊行されてから2年になります。おかげさまで今でも書店店頭に置いていただいているお店もあり、「コ続きを読む大工になりたかった僕が小説「コーヒーが冷めないうちに」を書くことができたのは、子供の頃に初めて買った週刊少年ジャンプとの出会いにあった。[…]