いつもと違うクリスマスの過ごし方「エッグノッグを作ってみよう!」

さて、聞こえて参りました。クリスマスの足音!

街中ではイルミネーションもちらほら見かけられますし、クリスマス仕様のショーウィンドウもいい感じに圧力をかけてきていますね!日本ではカップルと過ごすイベントというイメージが強いクリスマス、皆様はいかがおすごしの予定でしょうか?

なんにも予定がないというそこのyouも、家族や友人と過ごす予定のyouも、今年はエッグノッグを作ってみてはいかがですか??日本では滅多に作る事はないと思いますが、私の大好きなエッグノッグを本日はご紹介させていただきます!

 

☆エッグノッグとは

牛乳や卵で作る甘い飲み物で、アメリカではクリスマスや新年のシーズンに良く飲まれます!栄養価が高くて、風邪の予防にもよいとされているんです。

ミルクセーキとよく似ていますが、家庭によってすこしずつレシピが違うので、一概にこんな味!と、正解があるものでもないんです。すこし日本のお雑煮なんかと感覚は似てるかもですね、そういう点では。

子供が飲むエッグノッグは甘くてミルクセーキ的な感じ、大人が飲むときはラム酒やブランデー等アルコールをすこし混ぜて楽しんだり家族皆で楽しめます。おまけにホットでもコールドでもどっちでもいけちゃいます!

 

☆エッグノッグレシピ

さて、このレシピは私がかつてお世話になったホストファミリーのママ、デニスの独自のレシピです。皆さんはお好みに合わせて各種材料を足したり引いたりして見てください!

 

☆材料☆

卵3個くらい

牛乳500mlくらい

砂糖大さじ1か2か3くらい

バニラエッセンス少々

シナモンシュガーorシナモン

 

手順① 卵をといて、その中に砂糖をまぜあわせます

手順② 牛乳を少しずつ混ぜ合わせていきます

手順③ お好みでバニラエッセンスを混ぜ合わせていきます

手順④ グラスにそそいでシナモンシュガー等をかけて召し上がれ

 

わたしは、カルーアというコーヒーリキュールを混ぜてカクテルにして飲むのが大好きです。カルーアは甘いので、スターバックスから出ているコーヒーリキュールも甘さ控えめが好きな方にはオススメです。(このあたりの用途に応じて最初に入れる砂糖の量を考えるのもgood!)

あと、まだやったこと無いけど多分すりおろしの生姜をまぜてもおいしそう。リキュールでなくても、エッグノッグラテみたいな感じでコーヒーに混ぜてもおいしいです。

 

アメリカの高校に通っていた時代、ホストファミリーと一緒に住んでいました。暖炉のまわりで大人はリキュール入りの、未成年はアルコール無しのエッグノッグを飲みながら本を読んだり犬とくつろいだり各々のゆったりとした時間が流れていくとある冬の日を良く覚えています。暖炉のとなりには、パパが山からゲットしてきたリアルもみの木が。もみの木がリビングに搬入されるのはいつもだいたいハロウィンが終わったあたりからでした。

そのもみの木の足元に、クリスマスの朝に向けてせっせとプレゼントを蓄えて行くわけです。日本と少し違うのは、このプレゼントという奴が一つや二つじゃ無いこと!ほぼ丸々二ヶ月かけて街中でプレゼントをゲットしまくり、もみの木の足元をプレゼントの山に仕上げるわけですから、何十個もプレゼントがもらえるし、あげるんです。

高価なものって案外少なくて、パパの顔に似たキャラのキーホルダーを見つけたからゲット、ペットのわんちゃんに骨を、ママの好きな色のマグカップをゲット等、たわいもないものを街中でみつけるたびにコレクションしていくわけです。

25日の朝、皆でプレゼントをあけます。贈り主ももらう側も幸せな気持ちに包まれる瞬間です。逆に言うと、その日までプレゼントの中身はシークレットな訳で、もみの木を囲みながらエッグノッグを飲む時も

今日はこれをゲットしたよ!パパにね!なんて言いながらプレゼントの山に追加し、でも中身については何も語らず過ごすわけです。嬉しがる顔を思い浮かべて、街中でプレゼントを探し回る二ヶ月は優しい気持ちでいっぱいになれる毎日です。

 

もしよかったら、日本のおうちでも真似してみてはいかがでしょうか?

 

永吉翼でした。see you!

 

こちらは川口俊和の主宰する団体1110プロヂュースのホームページのブログです。

本屋大賞ノミネート、発行部数57万部突破の舞台「コーヒーが冷めないうちに」に興味ある方は、こちらをクリック → 1110プロヂュース公式ホームページ